損害保険労働組合連合会ロゴ東日本大震災から10年

損保労連では、一日も早い被災者の生活再建や被災地の復旧・復興に向けて、被災地へのさまざまな支援を行うとともに、地震保険の迅速かつ適正な支払い体制の構築に向けて、関係先への各種要請や意見発信などを行ってきました。
このホームページでは、2021年3月10日に開催した「【特別企画】東日本大震災から10年」や、広報誌『GENKI』で掲載した「【特集】東日本大震災から10年」の内容などをご紹介します。

【特別企画】東日本大震災から10年

当日は、「これまでの損保労連の取り組み」にくわえ、以下の「インタビュー動画」の視聴や、「特別宣言」などを行いました。

インタビュー動画
~震災対応に向き合ってきた組合員の働きを振り返る~

災害当時、被災地や災害対策室、本社支援部門などで震災対応にあたっていた、11名の組合員のインタビュー動画をご紹介しました。

東日本大震災から10年 特別宣言

東日本大震災で得た教訓を生かし、今後の巨大地震や頻発する自然災害などに備え、損保グループ産業の社会的使命を果たしていくこと、また、震災の風化防止に取り組むことについて、損保グループ産業で働く組合員がともに歩みをすすめていくために、特別宣言を行いました。

損保労連広報誌『GENKI』記事

GENKI149号(2021年2月)

東日本大震災から10年が経過するにあたり、これまで損保労連の取り組みを振り返るとともに、今後の取り組みなどを紹介しています。

GENKI150号(2021年4月)

2021年3月10日に開催した「【特別企画】東日本大震災から10年」の様子や、金融庁、損保協会からのメッセージなどを紹介しています。